1. HOME
  2. ブログ
  3. ゆりや

ゆりや

店主が萩港で魚釣りを楽しんでいると沖から見島航路定期船「ゆりや」が入港してきました。

「ゆりや」は、見島島民の生活の足として長年利用されてきた「おにようず」の老朽化に伴い、新船として2019年4月から就航しました。

店主夫婦が2018年5月27日(日)に本選出場した「NHKのど自慢」下関大会で1番はじめにソロで歌われた女性の旦那さんが「ゆりや」の客室設計をされたたいへん縁を感じる船です。

進水・竣工式では下関からご夫婦とお子様の3人で萩に来られ当日は旧交を温めました。

高速貨客船として萩港と見島を結んで島民や観光客を運んでいますが、船尾には見島沖で獲れた魚を荷積みして翌朝の魚市場競りに出しています。

店主は未だ見島へ行ったことがありませんが、いつの日か美味しい魚をいただきに訪れたいです。

↑ 萩港に入港して停泊中の「ゆりや」です。乗客は船の横から出入りします。

↑ 船尾から大きな荷物やパレット積みした魚などをリフトを使って出し入れします。

↑ 前方に「ゆりや」、後方に指月山が萩の海を飾ります。

詳しくは運航管理している萩海運有限会社ホームページからどうぞ。

萩海運ホームページ  ~萩港と萩市の見島・大島・相島をつなぐ定期航路~ | 萩海運有限会社 (hagikaiun.co.jp)

関連記事