1. HOME
  2. ブログ
  3. 「秋鯖」が大漁です。

「秋鯖」が大漁です。

萩の魚市場では巻網船団による水揚げで「秋鯖」が大漁です。

さばは「秋鯖」「寒鯖」と獲れる時期によって呼ばれ方が異なります。

「秋鯖」の旬は10月~11月とされ、この時期の鯖は一番脂が乗って美味しいです。

「鯖」は、マグロやアジなどと並んで世界的にも消費量の多い魚だとされています。

日本では、焼き魚、煮魚、寿司〆鯖(しめさば)、干物など多様な食べ方をしています。

アイキャッチ画像のような大きいサイズは鮮魚や加工用として取引されます。当店が買い付けたのは1尾が400g~500gサイズでした。

通常、当店は脂の乗りの良さから北方の「真鯖」を仕入れて加工していますが、今日は萩産の「真鯖」を仕入れました。

やはり、萩産の「真鯖」は活きがいいです。

夕食は刺身でいきたい気持ちでしたが、万一を考えて煮つけでいただきました。脂がよく乗って美味でした。

船から水揚げされた魚は、魚種別、サイズ別に分けられ競りにかけられます。
午前2時ぐらいから水揚げが始まり、朝になり明るくなってもまだまだ船は入港しています。

関連記事