1. HOME
  2. ブログ
  3. 子持ちかれい一夜干し

子持ちかれい一夜干し

「子持ちかれい」が旬を迎えています。

いちに(1月・2月)の「かれい」と呼ばれるほど今の時期の「かれい」は美味しいと言われます。

「かれい」は「笹かれい」・「水かれい」を筆頭にさまざまな種類がありますが、萩では身が肉厚なことから「キツネかれい」を好んで食されます。

一般的に子(卵)持ちの魚は子(卵)に栄養が行き、身がパサついて美味しさに欠けると言われますが、「子持ちかれい」は子(卵)はもとより身も肉厚で程よい脂感があり美味しさに人気があります。

鮮魚で「かれい」を選ぶポイントとして、表面にぬめりがあり、お腹にハリがあるものを選びます。

「ひもの」に加工するときは、子(卵)を傷めないように、エラやワタ、小さな鱗、ぬめりも綺麗に処理をします。

↓「かれい」を塩漬けしよく水洗いして、尾びれ付近を串で刺し吊るした状態で遠赤冷風乾燥機で干します。

↓干物(焼き物)をはじめ煮つけや揚げ物など料理の種類も多彩です。

お買い求めは当店オンラインショップ「かれい一夜干し」商品ページよりどうぞ。

なお、「かれい一夜干し」商品ページで「子持ちかれい」をご希望される場合はコメント欄に「子持ち希望」とお書きください。

萩・大敬のオンラインショップ (raku-uru.jp)

関連記事