平太郎

久しぶりに「平太郎」を仕入れました。

毎年冬になると旬を迎える萩を代表する小魚です。小手繰(底引網)船が獲ります。

学術名をオキヒイラギと呼びますが、萩では昔から「平太郎」「ベラゴ」「一分銀」と言います。

昔は冬にストーブの上に置いて焼きながら食べてました。

また、ごはんのおかずというよりお酒の肴として重宝されていました。

近年はいろいろな食べ方を工夫されてちょっとした一品として味わっていただいています。

今年は「平太郎」が大不漁で冬にほとんど水揚げがなく、昨日やっと仕入れることが出来ました。

旬の時期が短いのでできる限り沢山の仕入れをしたいと思っています。

お料理あれこれでも紹介しています南蛮漬けです。

関連記事