1. HOME
  2. ブログ
  3. 「青のり」を干しました。

「青のり」を干しました。

萩市中心部は三角州で形成され周囲は川で囲まれています。

その川辺には冬から春にかけて「青のり」が水中につきます。

今年は「天然わかめ」が周辺海域で大不漁なのに対して、「青のり」はつきが早く大漁です。

浜崎の家々の軒先に「青のり」が干してあると春の訪れを感じます。

先日、専務の弟さんから採りたての生の「青のり」をいただき、すぐに専務が干しました。

天気もよく程よい風も吹いていたおかげで、朝に干した「青のり」は午後3時すぎには程よく乾きあがりました。

出来上がった「青のり」を軽く火で炙って揉むと風味のいい一品となります。

春を感じさせる萩の風物詩です。

↑ 専務が干してます。

↑ まんべんなく乾燥が行きわたるよう「青のり」を少しずつ離して広げます。

看板娘もインスタグラムにアップしました。よかったらご覧ください。

有限会社 大敬(@hagi_daikei) • Instagram写真と動画

関連記事